「百合」って何だろう? 未だ漠然としています。女の子が二人いれば百合――恋愛感情に限らず、友情や愛情、敬愛、嫉妬、憎しみといった強い感情がともなえば百合だと個人的には思っていますが、断言は出来ません。それぞれが百合だと思ったものが、百合です。

今、とても百合がアツい。もちろん、百合好きとしては古今東西アツいのですが、ここ最近の界隈の動きは激しいと言えます。新しい百合アンソロジーの創刊や、百合漫画のアニメ化決定。王道女子校ものに限らず多様な百合作品が次々に生まれ、様々な場所で百合を摂取することが出来ます。ヴィレッジヴァンガード店員さんによる「百合棚」等、百合作品を盛り上げようとする各店員さんたちの活動も目立っています。この熱は、どこから来たのでしょうか? 原因の一つに、わたしは百合アンソロジーの相次ぐ休刊を挙げます。2012年『つぼみ』休刊、2014年『ひらり、』休刊、そして2015年『メバエ』実質の休刊。厳しい現実を、まざまざと突き付けられました。いつも当然のようにあったものが、ある日突然失われる――それは百合界隈にもあったのです。絶望で迎えた2016年。まだ冬の明けない2月に、『百合展2016~放課後に、そっと咲いた一輪の花~』が開催されました。ある百合好き編集者さんが、「百合を広めたい」と百合作家さんたちに協力を仰ぎ開催された初の業界横断百合フェア。出版社の壁を越え、媒体関係なく、百合作品が集いました。規模としてはささやかなものでしたが、「素敵です! 大好きです!」と声を大にしておすすめしたい作品たちばかりで。凹んでいる百合好きたちにもエールを送る、そんなイベントだったと思います。すべては百合のために――百合好きが、百合のために立ち上がるその動きは、あちこちで起こり、大きくうねり、今もアツく燃えています。百合作家さんを始め、絶望の中で百合を諦めなかったみんなが作った、「今」なのです。

そして2017年春、『百合展2017』。今話題のドキドキする素敵な作品たちが集まりました。このように百合作品が一堂に会する機会は滅多にありません。百合愛を深めたり、初めての百合に出会ったり、百合とは何かと見つめ直したり。どうか素敵な出会いが、皆さまにも訪れますように。開催、本当におめでとうございます。

綾奈 ゆにこ
脚本家/『ちいさい百合みぃつけた』(KADOKAWA刊)著

昨年全国のヴィレッジヴァンガードにて開催され大きな話題となった、女性同士の友情や愛情を意味する「百合」をテーマとした大規模フェア『百合展』が今年も開催されることになりました。今年も「百合」をテーマにした作品を手がけた漫画家や写真家、その他クリエイターがフェアに参加し、書籍やコラボグッズを販売します。

今年は更に多くのクリエイターが参加し、イベントもグッズも昨年以上に充実させることができました。このフェアでは多くのクリエイターや作品を皆様にご紹介することで様々な「百合」の在り方についてお伝えしていきます。どうぞその中からあなたの思う「百合」の魅力を探してみて下さい。

 

 

複製原画や写真作品などの展示を行うイベントを開催します。昨年は来場者数1万人を越え、大きな盛り上がりとなりました。今年は参加クリエイターが多い分、更に規模を拡大して開催します。イベントの詳細は後日発表致します。

 

東京開催
2017/3/18(土)-2017/3/26(日)
池袋マルイ7階催事スペース
大阪開催
2017/4/1(土)-2017/4/9(日)
梅田ロフト3階ロフトラボ

詳しいイベント情報はこちら

2017年3月6日(月)19:00~

ヴィレッジヴァンガードオンライン:先行予約開始

2017年3月18日(土)~

ヴィレッジヴァンガード池袋マルイ店:販売開始

2017年4月1日(土)~

ヴィレッジヴァンガード梅田ロフト店:販売開始

 2017年4月10日(月)~

ヴィレッジヴァンガード仙台ロフト店
ヴィレッジヴァンガード新潟ビルボードプレイス店
ヴィレッジヴァンガードオンザコーナー吉祥寺パルコ店
ヴィレッジヴァンガード静岡パルコ店
ヴィレッジヴァンガード名古屋パルコ店
ヴィレッジヴァンガード福岡パルコ店

フェアを象徴するメインビジュアルは昨年に引き続き「あの娘にキスと白百合を」の漫画家・缶乃と「少女寫集」の写真家・長谷川圭佑が描きおろし&撮り下ろしで制作。これに関連したグッズも発売予定です。